3日目:忘れ難き宿酔いの朝まだき。

旅ログ / 2019.02.12

アイラ島に渡った翌朝。

この日のことは、ところどころすごく覚えている。
私の人生において、2度目の酷い二日酔いを経験したからだ。

 

さすがに、それなりに揺れる船の中でのウイスキーボトルを半分以上空けて、夜は夜で飲んで、はやりすぎだったようだ。

旅の移動疲れもあったとは思うし、タイミング条件などなど、良くなかっただろう。

 

何しろ、昨夜、ホテルに戻ってからの記憶が殆どなかった。Pubから戻ってから、お風呂に入ったはずなのに、その記憶が全くない。真夜中、といっても外は白々とした明るさをもっていたように思うが、咽が渇いて目が覚めて、ひたすら水を飲んだ。立ち上がって活動開始しても、頭の中はぐるぐると回っているような状態だった。

朝食は、ホテルについていたので、二日酔いながら1階(グランドフロア?)へ。バイキング形式のフルスコティッシュだった。
この時、初めてブラックプディングを食べた。好き嫌いも食わず嫌いの傾向もある私を知ってか、「これは何?」という問いに、友人が「まず一口食べてみて。無理だったら私が食べるから」と言ってくれたから、食べられたのだと思う。

 

私より5つも年下の彼女は、いつも聡明であるが、今振り返っても本当に大人だったなと感じる。

ブラックプディングは、炭とか鉄分、ものすごく焦げたもの、といった印象だった
が、その手の味が嫌いじゃなかった私には、まさかの正体だった。

知らされていたら、間違いなく食べなかったそれは、美味しいとか、また食べたい、とかわざわざ思わないが、おそらくまたスコットランドへ渡ったら、その時はいただくことだろう。

それにしても。

旅のしおりには、「トマトがとーっても美味しかった」と書いているから、余程二日酔いに苦しんでいたと思う。

 

実は、ホテルを移ろうかという話もしていたが、私の二日酔いもあったし、短い間に何度も移動するのも、ということで、その日もお世話になることに。
おかげで、午前中を寝て過ごし、午後にようやく復活した。

 

友人はその間、近隣を歩き回り、閉鎖したポートエレン蒸留所の建物を外から覗いたりしたようで、あとから私も確認した。いつか再開するんじゃないかという淡い期待を打ち砕く廃墟っぷりに肩を落としたりもした。

11:55にPort EllenからBowmoreへバスが出ているのを調べていたので、午後はそれに乗ってBowmore町へ。

セルティッククロスが印象的な墓地のある教会から海に向けて緩やかな下り坂になっている道がとても印象的。海岸線を見れば、蒸留所の壁面にはその名が大きく描かれている。写真でさんざんみた光景に、胸が熱くなった。

 

 

ランチは、宿泊先候補として気になっている、LOCHSID HOTELにて。
スコットランドでは、食事を出すお店ではどこも“Soup of the day”というメニューがあるよ、と二足程先にスコットランドを満喫していた友人の弁。

スープ大好きな私は、その金言により昨日もスープを頂いている。パンも1,2切れ付いていて、意外とお腹にたまる。もちろんここでも同様に。

この日のスープはチーズとカリフラワーのスープだった。海を眺められる大きな窓際の席で、食事を楽しみながら、これからのことを話す。テーブルクロスか紙ナプキンのどちらかが、鮮やかな緑色だったように思う。

 

帰りのバスの時間の14:40までBowmoreを満喫し、ホテルに戻った。
日曜日の町はどこもひっそりしていた。

 

備忘録(£1=¥210)
The White Hart Hotel:£50(2人分朝食込)
バス(Port Ellen⇔Bowmore):£1.25/片道
LOCHSID HOTEL食事代:£11.85(2人分をカード払い 自分の分がいくら分だったかは分からん…)

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts

5日目②:うっとり眠る、アイラ最後の夜。

5日目②:うっとり眠る、アイラ最後の夜。

2019年2月17日

2日目:聖地へ渡る〜アイラ島へ

2日目:聖地へ渡る〜アイラ島へ

2019年2月8日

旅、それは…

旅、それは…

2019年2月6日

5日目:アイラ島4泊目、またまた宿を移るのだ。

5日目:アイラ島4泊目、またまた宿を移るのだ。

2019年2月16日

4日目:奇跡のような遭遇と、感謝の一日。

4日目:奇跡のような遭遇と、感謝の一日。

2019年2月15日

Instagram

Search

Categories

Archives




スポンサーリンク

Recommend

Benromach を飲みながら、時を思ふ

Benromach を飲みながら、時を思ふ

2019年6月1日

Bar こはくどき

Bar こはくどき

2019年10月2日

古民家にありそうなものが理想。

古民家にありそうなものが理想。

2019年2月25日

どれにしようかなぁとか考えあぐねると、選んじゃう。

どれにしようかなぁとか考えあぐねると、選んじゃう。

2020年1月5日

Bar Show 2018

Bar Show 2018

2019年1月25日

まだ明るいうちから。。

まだ明るいうちから。。

2019年8月3日




スポンサーリンク

Tags