Bar Show 2019 レポ②

イベント / 2019.06.07

イチローズモルトを発見。

初めてイベントで見た時はカードシリーズもかなり試飲できたことがうそのよう。

すっかり銘酒となってしまったイチローズモルト。

今回、ホワイトラベルのカスクストレングスを飲めるということで、ホワイトラベルと合わせていただく。

カードシリーズの味をみたときのような感動はあれ以来襲ってこなくて、いつもちょっとだけさみしく感じる。

そしてお次は、シングルトン。


12年と18年をストレートで。

ハイボール推奨らしくて、他のブースより大きなカップでいただいた。

シングルトンは18年は初めていただく。

 

マスのような魚の絵のラベルに、きっと川にごく近い蒸留所なのだろうとな、シングルトンってと思っていた。
通常は蒸留所とオフィシャルボトルの名前が一致するものだと思うが、シングルト
ンは、ダフタウン蒸留所の製品ラインなんですね。知らなかった…。シングルトンとしてリリースされる以外はブレンデッドの原酒になるようだ。

ダフタウン、Dufftown、DUFFTOWN この字面には結構馴染みがあるなぁ、なんでだろう、何か意味があるのだろうかと思っていたところ、スペイサイドのダフタウン地区で、7つの蒸留所があるからだった。なるほどである。

後からしっかり確認しないと、ふわわわわ〜とした頭のまんま写真眺めて終わっていたわ…。
そして、このダフタウン地区の蒸留所のブースがもう一つ。


モートラック。モートラック自体が初めて。このあとのあれこれを考えながら、12
年のみ、いただくことにした。
このモートラックの隣に、タリスカーがある。
私は戻ってきたのだ。
早速バウチャーを使うぞ!とか思っていたのだが、試飲を勧めるコンパニオンさんに、ハイボールをお薦めするよう話しているやりとりを耳にしてしまったので、ご機嫌でハイボールを注文。


先日いただいたよ、美味しかったよ、胡椒は入れてくれないの?たっぷりね。。と
繰り広げられる脳内。

結構いい気分になっている。

そのことを分かっているから、やや速足でタリスカーブースを目指していたのだ。

 

有料試飲をする前に、私全く味が判断できなくなるかもしれない…!と思ったわけです。そう判断できるほどには冷静だったとも言える。
が、なんだかとても忙しそう。
私は再び、タリスカーのブースを離れてしまった。

Bar Show

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts

ウイスキーセミナーに参加してみた。

ウイスキーセミナーに参加してみた。

2019年3月27日

渡せるのか…、送別の品。

渡せるのか…、送別の品。

2020年4月25日

Bar Show 2019レポ③

Bar Show 2019レポ③

2019年6月8日

「Talisker」✕「リバヨン アタック」シビれるイベントを味わう。

「Talisker」✕「リバヨン アタック」シビれるイベントを味わう。

2019年5月2日

Bar Show 2019 レポ①

Bar Show 2019 レポ①

2019年6月6日

Instagram

Search

Categories

Archives




スポンサーリンク

Recommend

Benromach を飲みながら、時を思ふ

Benromach を飲みながら、時を思ふ

2019年6月1日

Bar こはくどき

Bar こはくどき

2019年10月2日

古民家にありそうなものが理想。

古民家にありそうなものが理想。

2019年2月25日

どれにしようかなぁとか考えあぐねると、選んじゃう。

どれにしようかなぁとか考えあぐねると、選んじゃう。

2020年1月5日

Bar Show 2018

Bar Show 2018

2019年1月25日

まだ明るいうちから。。

まだ明るいうちから。。

2019年8月3日




スポンサーリンク

Tags