二度と手に入らないグラスたち

past / 2022.02.06

先日、このグラスを割ってしまった。

 

2011年のウイスキーマガジンライブのときは、スコットランドを共に旅した友と、久々に再会できたんじゃなかったかな。震災の年だったか…。

 

また、かなり以前の話となるが、この、Live! TOKYO 2003 のグラスも割ってしまって我が家にはもうない…。

 

実に悲しい話だ。

 

初めて参加したときのものだったと思うが、2003年だったとは、少し驚く。あれからもう19年。信じられない。

 

スプリングバンク蒸留所から来ていた、笑顔の素敵なおじいちゃん(そんなにお年を召してはいなかったかもしれないけど、当時の私の記憶ではそう判断)ミッチェルさんに、必ず行くから私のことを覚えていてと伝えたら、なんと名刺をくださったというのに、もう19年も過ぎてしまった。

その名刺もね一体何処へいってしまったのだろうって・・・

 

このときから、2年後には彼の地を訪れるものの、キャンベルタウンに行く日数がなくて。もう、その翌年にでも行く!なんて意気込んでいたのだけれど、私は何をやってたんだろうなぁ、なんて思い返してしまった。

 

そして、このグラス。

 

HOYAのクリスタルグラスなのだが、こちらも割ってしまった。

一昨年だったかな。

 

クリスタルで、少し乳白色に雲りだしてから、実家に置きっ放しにしていたのを、グラスは使わないと、と持って帰ってきて、雲りを取ろうと、重曹を使ったり、お酢につけてみたりといろいろ試したけれど、ダメだった。

足元のしっかりとした重さが手に心地良く、

実家にいる頃は、いいお酒を手に入れると食器棚の奥からそっと出して、いつまでも中の琥珀色にうっとりとしていたのが懐かしい。

円に近い多角形のグラスは、上から見ると、万華鏡のようで、いつまで眺めていても飽きなかった。

 

クリスタルの特性を少しも理解していなかった22か23の頃にいただいたクリスマスプレゼントだった。

 

今ではHOYAはクリスタルグラスを作っていないようで、それでなくとも、20年以上前のグラスなんて、もう手に入らないだろうと思う。

 

 

せめて写真に残していて良かった。

 

 

ふんわりと思い出すその時々の自分や懐かしい顔、

そういう時間に本当につくづくよく合う飲み物だなー、なんて思いながら。

 

今夜は今夜はロッホローモンドを長濱蒸留所の小さなグラスでいただいております。

 

 

来週も素敵な日々になりますように。

 

 

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts

世界の車窓から? CARDHU

世界の車窓から? CARDHU

2019年6月3日

日付は2013年10月3日。

日付は2013年10月3日。

2019年6月2日

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Search

Categories

Archives




スポンサーリンク

Recommend

Bar こはくどき

Bar こはくどき

2019年10月2日

Bar Show 2018

Bar Show 2018

2019年1月25日

グラスと中身は一致しない。

グラスと中身は一致しない。

2020年4月26日

Benromach を飲みながら、時を思ふ

Benromach を飲みながら、時を思ふ

2019年6月1日

渡せるのか…、送別の品。

渡せるのか…、送別の品。

2020年4月25日

古民家にありそうなものが理想。

古民家にありそうなものが理想。

2019年2月25日




スポンサーリンク

Tags