欲しかったのは刺激だけじゃないから、…Glenfarclas 105。

晩酌ログ / 2019.10.18

ボトルの中身が減ってきたなぁと、近頃富に感じている。

 

瓶底2,3cmになるとそのボトルに手を付けることは稀になり、同じ蒸留所の年数の異なるボトルと飲み比べたりする。

 

だから、普段はやはり開けたばかりのボトルから積極的に減っていくわけだが、新入りでも減り方が極端に遅いものもある。
筆頭は一本1万円を超えるもの。
そして、カスクストレングスなどのアルコール度数が高いもの。
例えばこちら。グレンファークラス105。

確か、公式ボトルのの中で最も度数が高いシングルモルトだったと記憶。

60.7%という、咽にクるウイスキー。買ったことを忘れていて開封して1度飲んで以降、グラスの陰に隠れていた105が、1Lボトルということもあって、我が家で最も残量の多いモルトとなって、最近こちらを飲むことが多い。

強烈ではあるけれど、グレンファークラスはどれもとても好きだ。

 

105も、まぁ他のお酒もそうだけど、46度を軽く超えてくると、最初はとにかくうおっとなる。咽焼けそう…とか思うわけだが、そのうち気持ちよくなってきて、さほど抵抗がなくなって杯を重ねてしまう。

しかし、二日酔うわけじゃないけれど、朝起きた瞬間の目覚めの重さとでもいおうか、肝臓がアルコール分解を懸命に続けた疲労感のようなものがある。

ごめんよ、私ってブラック企業の経営者だ…。

いいかげんに考えないと、休肝日のこと。
週2日連続休めないといけない。
常々そう思っていることはいるんだ。お上(医者)から文句言われる前に、改善しなければな…。

そんな風に思わせてくれる105は優しいお酒、かもしれない。

 

ボトルには、ハイランドと書かれていて、心情的にはボトルに書かれた表記を優先したい。でもやっぱり、蒸留所のある場所を地図で見ると、スペイサイドとしか思えないので、カテゴライズはスペイサイドで。

 

SPEYSIDEGlenfarclas

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts

TALISKERしか飲みたくない夜。

TALISKERしか飲みたくない夜。

2019年4月20日

グラスと中身は一致しない。

グラスと中身は一致しない。

2020年4月26日

三角ボトルは小さな手に優しい Glenfiddich。

三角ボトルは小さな手に優しい Glenfiddich。

2020年1月11日

必ず行くからね、Ardbeg。

必ず行くからね、Ardbeg。

2019年2月22日

少しでも残しておけば、チャンスが。

少しでも残しておけば、チャンスが。

2019年2月26日

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Search

Categories

Archives




スポンサーリンク

Recommend

まだ明るいうちから。。

まだ明るいうちから。。

2019年8月3日

Bar こはくどき

Bar こはくどき

2019年10月2日

Bar Show 2018

Bar Show 2018

2019年1月25日

ウイスキーセミナーに参加してみた。

ウイスキーセミナーに参加してみた。

2019年3月27日

グラスと中身は一致しない。

グラスと中身は一致しない。

2020年4月26日

Benromach を飲みながら、時を思ふ

Benromach を飲みながら、時を思ふ

2019年6月1日




スポンサーリンク

Tags