Springbank:アザミの花言葉は「独立」

晩酌ログ / 2019.06.25

報復なんて怖いものも。

今宵はスプリングバンク10年。

 

出会ってから、2回はラベル変わったと思うんだけど、Sのロゴはずっと同じね。

このカリグラフィーって感じのロゴがとても好きだ。

 

そして、まだまだ大量にある行ったことのない蒸留所の中で、最もいきたいと強く願う蒸留所でもある。

 

最初のWhisky Magazin Liveの時に、素晴らしいマスタークラスを提供してくれた。オーナーの名刺もいただいたし、そのあとのパーティでも、必ず行くから覚えておいてくださいと伝えているのに、それはまだ全く叶っていない。

 

頬の高い部分が鮮やかにピンク色に染まっていたオーナーの好々爺という感じの表情をよーく覚えている。

 

そして、麻布のバーだったかで、ワンショット分取れないからと、ボトラーズのかなり古いスプリングバンクをいただいたことがある。

 

カラメルのような甘い香りで驚き、透明なボトルにガリ版印刷という感じの白地に大小様々な英字のラベルがとても素敵で、うっとりと眺め撫でながら飲んでいたら、バーマンの方が、ボトル持って帰ります?と言ってくれて、小躍り。

 

ボトルにはその後数年、浄水入れとして我が家にあった。

冷蔵庫から出し入れしているうちに、素敵なラベルはどんどん結露でふやけて、ナンバリングの手書き部分は、結構すぐに消えてしまった。

 

ネットで探してみたけど、同じものを全く見つけられなかった。時々思い出したように検索しているので、いつか発見できたら…。

 

本当に気に入っていたのに、写真に撮るとか、ワインのエチケットコレクターみたいに取っておけばよかったと悔やんでいたりする。

そんな苦いというほどでもないそんな思い出も、お酒とともにいくらでも溢れてくる。

写真は、日記を書きながらの晩酌。

切子グラスの効果、映し出された影、まるでスコットランド国花、アザミのようではありませぬか。

 

CampbeltownSpringbank

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts

Arran 10y と美しいグラス。

Arran 10y と美しいグラス。

2019年2月14日

たまにはブレンデッドも、ロックも、楽しむ。

たまにはブレンデッドも、ロックも、楽しむ。

2020年4月24日

THE を冠する。

THE を冠する。

2019年6月17日

Kilchomanを、更に選ぶ。

Kilchomanを、更に選ぶ。

2020年1月18日

飲み比べたい。

飲み比べたい。

2019年2月21日

Instagram

Search

Categories

Archives




スポンサーリンク

Recommend

Benromach を飲みながら、時を思ふ

Benromach を飲みながら、時を思ふ

2019年6月1日

Bar こはくどき

Bar こはくどき

2019年10月2日

古民家にありそうなものが理想。

古民家にありそうなものが理想。

2019年2月25日

どれにしようかなぁとか考えあぐねると、選んじゃう。

どれにしようかなぁとか考えあぐねると、選んじゃう。

2020年1月5日

Bar Show 2018

Bar Show 2018

2019年1月25日

まだ明るいうちから。。

まだ明るいうちから。。

2019年8月3日




スポンサーリンク

Tags